くらし情報『『トイレット』荻上直子監督×フードスタイリスト飯島奈美 餃子に込めた思いと旨味  』

2010年9月3日 20:04

『トイレット』荻上直子監督×フードスタイリスト飯島奈美 餃子に込めた思いと旨味  

って提案してくださるんです。

食のシーンに関しては、まさに“共同演出”と言える関係の2人。プライベートでも一緒に食事をすることも多いとか。また、監督は自宅で、飯島さんのレシピ本を片手に料理することもあるそうだ。

荻上:私は、目分量で作ったりすると、とんでもないことになるから(苦笑)、ちゃんと計って作る。そしたらおいしくはできるんです。でも絶対、奈美さんが作る方がうまい…それは絶対、奈美さんの手から“おいしい成分”が出ているんだと…。

飯島:他人に作ってもらった方が美味しいんです!

荻上:いや。絶対、奈美さんだからだよ。ハンドパワーです!

では、監督はご自宅でかなり凝ったものを作られることも?

荻上:ほかに作ってくれる人がいればしないんですが…そういう人もいないので、します(笑)!奈美さんの本から、意外と簡単に少ない材料でできるものを探し出して作ってます!

最後に飯島さんから、餃子の最後の難関“焼き”についてアドバイスが!

飯島:そうですね、5ミリずつ離してフライパンに並べて、中火で焼きます。うっすらと焼き色がついたら、熱湯をフライパンの3分の1ぐらい入れて、フタをして少し放置します。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.