くらし情報『【インタビュー】河合優実、過酷な現実を生きた役へのアプローチ「これまでとは違ったものに」』

【インタビュー】河合優実、過酷な現実を生きた役へのアプローチ「これまでとは違ったものに」

Photo by cinemacafe.net


『由宇子の天秤』『サマーフィルムにのって』『PLAN 75』『ある男』『少女は卒業しない』等々、数々の力作で存在感を発揮してきた河合優実。

2024年も『四月になれば彼女は』やドラマ「不適切にもほどがある!」「RoOT / ルート」、アニメ映画『ルックバック』、第77回カンヌ国際映画祭の監督週間に出品された『ナミビアの砂漠』ほか、話題作がひしめく彼女が、実在した人物を熱演した主演映画『あんのこと』が劇場公開中だ。


【インタビュー】河合優実、過酷な現実を生きた役へのアプローチ「これまでとは違ったものに」

幼い頃から母親に虐待され、売春を強要され、その過程で薬物依存症になってしまった21歳の杏(河合優実)。人情派の刑事・多々羅(佐藤二朗)とその友人でジャーナリストの桐野(稲垣吾郎)と出会い、どん底の人生をやり直そうと奮闘していく。

生傷が広がっていくような壮絶な役どころを、一人の人物として寄り添い、文字通り「生きて」見せた河合さん。舞台裏と共に、表現者としての信念や葛藤を語っていただいた。

【インタビュー】河合優実、過酷な現実を生きた役へのアプローチ「これまでとは違ったものに」

映画を通して「世の中がよくなっていけば」

――本作は新聞記事に掲載された実在の人物と事件をベースにした物語です。入江悠監督と共に記者の方にも入念な取材を経たうえで臨まれたと伺いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.