くらし情報『長編デビュー作で映画祭19冠『HOW TO HAVE SEX』モリー・マニング・ウォーカー監督に迫る』

長編デビュー作で映画祭19冠『HOW TO HAVE SEX』モリー・マニング・ウォーカー監督に迫る

Photo by cinemacafe.net


昨年の第76回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞した映画『HOW TO HAVE SEX』。ティーンの友情や恋愛、セックスが絡み合う青春の夏休みを、思いやりを込めた視点で活き活きと表現した物語で、注目の英国監督モリー・マニング・ウォーカーがこだわりの撮影方法を明かした。

モリー・マニング・ウォーカー監督は、初の短編監督作『アンスピーカブル』がカンヌ国際映画祭批評家週間で上映されたことをきっかけに、本作『HOW TO HAVE SEX』の脚本執筆を開始、長編デビューを飾るとカンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリを受賞。世界の映画祭で<19受賞・30ノミネート>の快挙を果たしている。

さらに次回作は、ブラッド・ピットらが設立し、アカデミー賞作品賞を受賞した『ディパーテッド』『それでも夜は明ける』『ムーンライト』含むヒット作を多数送り出している映画製作会社プランBが権利を獲得したと今年5月「DEADLINE」が報じたばかりだ。


長編デビュー作で映画祭19冠『HOW TO HAVE SEX』モリー・マニング・ウォーカー監督に迫る
モリー・マニング・ウォーカー監督
今後の活躍がますます期待されるウォーカー監督。元々は撮影監督として大物アーティストのミュージックビデオや、ドキュメンタリー、フィクション、広告など、様々な映像作品に携わっており、長編撮影監督デビューを果たした『SCRAPPER/スクラッパー』(23/監督:シャーロット・リーガン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.