くらし情報『アップ「ぜひ演じてみたいと思った」タイ発ホラー『フンパヨン』プレミアム上映会で思い出語る』

アップ「ぜひ演じてみたいと思った」タイ発ホラー『フンパヨン』プレミアム上映会で思い出語る

Photo by cinemacafe.net


タイ“新世代の”ホラー・ムービー『フンパヨン 呪物に隠れた闇』が7月5日(金)からの公開に先立ち、プレミアム上映会を実施。主演のプーンパット・イアン=サマン(アップ)が来日し、プレミアム上映会の舞台挨拶に登壇した。

タイ発のボーイズラブドラマ「Lovely Writer The Series」や「Step by Step」などへの出演で、日本での人気急上昇中、“アップくん”の愛称で親しまれる注目のタイ若手スター、プーンパット・イアン=サマン。


アップ「ぜひ演じてみたいと思った」タイ発ホラー『フンパヨン』プレミアム上映会で思い出語る

日本でもファン・ミィーティングが開催されるほどの人気とあって、この日の会場、大勢の観客で満席。映画上映後、ステージにアップが登場すると大歓声が飛び交い、しばらくの間、拍手が鳴り止まない状態が続くなど、早くも熱気に包まれた。

その様子に笑顔を見せたアップは「皆さん、こんばんは。また日本に戻ってくることができてうれしいです。今日は来てくださってありがとうございます」とあいさつ。

本作ではオーディションを経て主演の座を射止めたというアップ。「監督から電話をいただいて、ぜひともオーディションに参加してほしいと誘っていただきました。きっとアップなら演じられると思ってくださったんだと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.