くらし情報『カン・ドンウォンが“偽祈祷師”から覚醒 韓国発ホラー『憑依』9月公開決定』

カン・ドンウォンが“偽祈祷師”から覚醒 韓国発ホラー『憑依』9月公開決定

Photo by cinemacafe.net


パク・チャヌク監督『別れる決心』、ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』などで助監督として経験を積んだキム・ソンシクがカン・ドンウォンと組んだ『憑依』が9月6日(金)より公開決定。ティザービジュアルとメインカットが解禁となった。

霊が全く視えないインチキ祈祷師のチョン博士(カン・ドンウォン)は助手のインベ(イ・ドンフィ)と共に言葉巧みに依頼人を騙し、除霊と称した儀式でお金を儲けていた。ある日、ユギョン(イ・ソム)という若い女性から悪霊に取り憑いた妹(パク・ソイ)を助けてほしいという依頼を受ける。いつものように偽の除霊を行おうとすると、妹の人間離れした動きと気配からチョン博士の持っていた2つの呪具、鈴と七星剣が反応する。

実はチョンは伝統ある祈祷師の末裔で、過去に起きた忌まわしい出来事により素性を隠して生きていた。チョンとユギョンはさらわれた妹を取り返すために悪霊と対峙するが、霊の正体は古くからいる悪鬼で人間を器に次々と憑依して襲い来る。いつどこで誰に憑依するか分からない恐怖のなか、やがてチョン自身にまつわる重大な秘密も明らかとなり…。


本作は、古くから人間の体を転々としながら霊力を狩る悪鬼が、人間を器に次々と憑依して襲い来る、いつどこで誰に憑依するか分からない、予測不能な韓国発の<新感覚>憑依ホラーエンターテインメント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.