くらし情報『東京ディズニーランドホテル、"アリスルーム"など映画の世界広がる客室新設』

2014年7月3日 13:00

東京ディズニーランドホテル、"アリスルーム"など映画の世界広がる客室新設

東京ディズニーランドホテル、"アリスルーム"など映画の世界広がる客室新設
今年7月8日に開業6周年を迎える東京ディズニーランドホテル(千葉県浦安市)が、キャラクターカテゴリーの客室を一新し、ディズニー映画の世界観が広がる新たな客室を2015年に新設することが3日、明らかになった。

新設する客室は全706室のうち182室で、4タイプの客室が登場。2015年2月14日から『ふしぎの国のアリス』、『美女と野獣』、『ティンカー・ベル』をテーマにした客室が、2015年3月18日からは『シンデレラ』をテーマにした客室が登場する。客室では、家具やインテリアにキャラクターや名シーンが取り入れられ、ディズニー映画の世界に浸ることができる。

『ふしぎの国のアリス』をテーマにした「ディズニーふしぎの国のアリスルーム」は、"アリス"が迷い込んだふしぎの国を再現。アリスが追いかけた"白ウサギ"を思わせる家具や、窓からのぞく"チシャ猫"の姿など、室内のいたるところにキャラクターが溶けこんでいる。また、ベッドは、"ハートの女王"の庭をイメージしている。そのほかの3つの客室の詳細についても、ディズニーホテル・オフィシャルウェブサイトで順次公開する予定となっている。

宿泊の予約は、宿泊日の6カ月前より、東京ディズニーリゾート総合予約センターまたは東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトにて開始する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.