くらし情報『スマホの世界で新たな勝負へ…『ザ・ノンフィクション』元CP張江泰之氏、フジ退社で“全方位外交”』

2020年1月2日 11:00

スマホの世界で新たな勝負へ…『ザ・ノンフィクション』元CP張江泰之氏、フジ退社で“全方位外交”

スマホの世界で新たな勝負へ…『ザ・ノンフィクション』元CP張江泰之氏、フジ退社で“全方位外交”

●芸能事務所とコラボでYouTuber化
フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』のチーフプロデューサーを務めた張江泰之氏(52)が、19年6月に同局を退社し、動画制作会社「Hariver」を立ち上げて半年が経過した。

17年に放送された『人殺しの息子と呼ばれて…』では、02年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子を初めてインタビューして大きな話題を集めるなど、順風満帆なテレビマン生活を歩んできた同氏。50歳を過ぎてなぜ、新興メディアの世界に飛び込んだのか――。

○■定年の恐怖とテレビの危機感

『ザ・ノンフィクション』は視聴率面でも好調に推移し、周囲から「なんで辞めるんだ」と次々に疑問に思われたという張江氏。このタイミングでフジを退社したことについて、2つの理由があると語る。

「まず1つは、僕は所詮サラリーマンだということ。人生100年時代と言われているのに、これまで旗振って番組を作ってきた僕が、60歳という定年が近づいてくるとどうなってしまうんだろう…と恐怖というか、いろんなことを考えてしまったわけです。それならば、番組の調子が良いときにバトンを譲って、自分がやりたいことをまた1からやってもいいんじゃないかっていうのを、49歳くらいから考えていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.