くらし情報『若手女性クリエイター発のキャラクター「ウアモウ」が"育つ"まで - 「作品」としてのキャラクター展開』

2014年7月23日 12:00

若手女性クリエイター発のキャラクター「ウアモウ」が"育つ"まで - 「作品」としてのキャラクター展開

若手女性クリエイター発のキャラクター「ウアモウ」が"育つ"まで - 「作品」としてのキャラクター展開
●リアル店舗を持つ希有な個人発キャラクター「ウアモウ」とは?
日本は「キャラクター大国」と言われることもあり、大人から子供まで、キャラクターのあしらわれたグッズを手にしていることが少なくありません。「ハローキティ」のサンリオや「リラックマ」のサンエックスのような企業が展開するキャラクターの存在感は強いですが、近年ではくまモンやふなっしーなど、地域にちなんだ「ゆるキャラ」も数多く誕生するなど、単に「キャラクター」とくくってしまえば、日本国内で見ずに過ごすことは難しいほどです。

そんな日本において、アーティスト・高木綾子氏が個人で展開し、秋葉原と御徒町の間にあるアート・デザイン系集合施設「2k540」に店舗までも構えているキャラクターが「ウアモウ」です。白くずんぐりとした、やわらかそうなルックスが印象的なキャラクターは、BEAMSや円谷プロなどの企業とのコラボレーションも行うなど、にわかにその存在感を増しています。この「ウアモウ」がどのように生まれ育ち、専門店を構えるまでに"育った"のか、作者である高木氏にお話を伺いました。

――最初に、高木さんが生み出したキャラクター「ウアモウ」について教えてください。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.