くらし情報『長渕剛、体調復活で剛コール止まず「少しは考えろよ!」 瑛太の股間隠す優しさも』

2020年1月18日 15:17

長渕剛、体調復活で剛コール止まず「少しは考えろよ!」 瑛太の股間隠す優しさも

長渕剛、体調復活で剛コール止まず「少しは考えろよ!」 瑛太の股間隠す優しさも

映画『太陽の家』(1月17日公開)の公開記念舞台挨拶が18日に都内で行われ、長渕剛、飯島直子、山口まゆ、潤浩、瑛太、広末涼子、権野元監督が登場した。

同作は長渕が20年ぶりに主演を務めるオリジナル映画。神業的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕)が、シングルマザーの池田芽衣(広末)、その息子の龍生(潤浩)に家を作ろうと思い立つが、一方で自身の家族との関係はギクシャクするように。しかし、信吾の愛と優しさが周囲を変えていく。

昨年末に行われた同作のクリスマスイベントでは、急性腎盂腎炎で都内の病院に入院したため欠席となってしまった長渕。登壇前から会場中に「剛〜!!」という声が上がり続け、長渕が登場すると「剛おかえり〜!!」という声が響き渡る。あまりの声援に、長渕は「コンサート会場じゃないんだから! 少しは考えろよ!」とファンを一喝、ファンからは「すいませ〜ん!」というレスポンスも。改めて長渕は「心配かけちゃったんだけど、もう全快しましたので。こんな寒い中でみんなが来てくれて、とっても嬉しいです」と感謝した。

クランクインの日に長渕に誘われ蕎麦を食べに行ったという瑛太。長渕は「瑛太はロマンチックな男で、僕に月のマークのついた表彰状のようなものをくれたんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.