くらし情報『踊らにゃ損々! 徳島県で400年の歴史をもつ夏祭り「阿波おどり」開催』

2014年8月8日 07:00

踊らにゃ損々! 徳島県で400年の歴史をもつ夏祭り「阿波おどり」開催

踊らにゃ損々! 徳島県で400年の歴史をもつ夏祭り「阿波おどり」開催
徳島県徳島市の演舞場、おどり広場、おどりロード、まちかど広場などで8月12日~15日に、全国から約10万人の踊り手が集まる「阿波おどり」が行われる。

○参加無料の「にわか連」で初心者にも対応

同祭りは400年の歴史を持つ、世界的にも知られる徳島の夏祭り。軽快な「よしこの」のリズムに乗り全国から集まった約10万人が、市の中心部の公園や通りに設けられた演舞場、おどり広場、おどりロード、まちかど広場などで踊る。

そのほか、「街角での阿波おどり」、「三味線流し」、船上からの「邦楽演奏」、興源寺での「奉納阿波おどり」や、姉妹都市仙台の「すずめ踊り」なども披露。また、阿波おどりを体験したい人向けに、参加費無料の「にわか連」も用意する。「にわか連」では名連の踊り子のレッスンとリハーサルを行ったあと、自由な服装で踊ることができるとのこと。

なお、ステージでは選抜された有名連の、高度に洗練された踊りを見ることができる。11日の前夜祭では「アスティとくしま」、12日~15日は「徳島市立文化センター」および「あわぎんホール」で開催される(有料・料金、時間は開催場所により異なる)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.