くらし情報『財務省、山口県・徳島県・福岡県の記念貨幣の図柄決定 - 錦帯橋など』

2014年8月15日 15:39

財務省、山口県・徳島県・福岡県の記念貨幣の図柄決定 - 錦帯橋など

財務省、山口県・徳島県・福岡県の記念貨幣の図柄決定 - 錦帯橋など
財務省は8月15日、地方自治法施行60周年記念貨幣(47都道府県ごとの図柄)のうち、平成27年度前半に発行予定の山口県・徳島県・福岡県の貨幣(千円プレミアム型銀貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣)の図柄を決定したと発表した。

千円銀貨幣は、素材が純銀で、量目が31.1グラム、直径40mmとなっている。発行枚数は各10万枚で、販売価格は6,171円。

五百円バイカラー・クラッド貨幣は、素材がニッケル黄銅・白銅・銅で、量目が7.1グラム、直径26.5mmとなっている。発行枚数は未定。

山口県の千円銀貨幣の表のデザインは錦帯橋と秋吉台、五百円バイカラー・クラッド貨幣の表のデザインは璃光寺五重塔。

徳島県の千円銀貨幣の表のデザインは鳴門の渦潮と阿波おどりとすだちの花、五百円バイカラー・クラッド貨幣の表のデザインは阿波おどり。

福岡県の千円銀貨幣の表のデザインは沖ノ島と宗像大社と金製指輪 、五百円バイカラー・クラッド貨幣の表のデザインは九州国立博物館と太宰府天満宮太鼓橋と梅。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.