くらし情報『ロイヤルホストで初のスペイン・バスク料理フェア -現地の料理をセットで』

2014年8月25日 11:51

ロイヤルホストで初のスペイン・バスク料理フェア -現地の料理をセットで

ロイヤルホストで初のスペイン・バスク料理フェア -現地の料理をセットで
ロイヤルホストでは9月17日より、初開催となる「美食の街からスペイン・バスク料理フェア」を全国の店舗で実施する。

同フェアでは、スペイン・バスク地方の料理と共に「食」を通した豊かな時間を提案する。この企画にあたり、同社社長や商品開発担当者が美食の街と言われるバスク地方の都市 サン・セバスチャンや漁村ゲタリアに足を運び、同地域に住む人々が築いてきた「食」を囲む楽しみ方を体感したという。

フェアでは、バスク地方で100年以上の歴史がある会員制組織「美食倶楽部(ソシエダ・ガストロノミカ)」で、現地の人々とともに作った料理を、前菜、バスク風おじや(米料理)&バゲット、メイン料理の「美食倶楽部セット」として提供する。価格は2,138円~2,894円。

メイン料理には、メルルーサ(タラの1種)のグリルにオリーブオイル、ガーリック、唐辛子、白ワインビネガーで作るソースで仕上げた「メルルーサのグリル~オリオ風~」や「アンガスビーフのグリル~美食倶楽部風~」「ラム肉のバスク風煮込み」を用意した。3品の中から1品を選ぶことができる。

前菜は、7種の国産野菜でつくる冷製スープ「ガスパチョ」と「ポテトサラダのピンチョ」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.