くらし情報『京都府で開催のアニメフェア「京まふ」で360度映像コンテンツが関西初上陸』

2014年9月12日 10:59

京都府で開催のアニメフェア「京まふ」で360度映像コンテンツが関西初上陸

京都府で開催のアニメフェア「京まふ」で360度映像コンテンツが関西初上陸
エムオン・エンタテインメントは、京都府・みやこめっせで9月20日~9月21日に開催される「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2014」に「リスアニ!」ブースを出展し、ヘッドマウントディスプレイを使った360度のスペシャルアニメやライブ映像、物販&スペシャルイベントなどのコンテンツを提供すると発表した。

同フェアは「京まふ」の略称で親しまれている、マンガ・アニメ業界を盛り上げるイベントで、みやこめっせおよび京都国際マンガミュージアムのふたつの会場で開催される。今回みやこめっせ会場に出展される「リスアニ!」ブースの目玉となるのが、ソニーの"ヘッドトラッカー"搭載ヘッドマウントディスプレイで体験できる360度スペシャルアニメと360度アニソンライブ。同装置は、頭の動きに合わせて見える景色をそのままヘッドマウントディスプレイの大画面上に360度映し出すもので、3月に東京で開催された「AnimeJapan 2014」において、2時間超の待ち時間を記録したという話題のコンテンツだ。『アイドルマスター ワンフォーオール』とのスペシャルコラボ映像では、「765プロ事務所」の真ん中で、まるでプロデューサー目線でアイドルと同じ空間を楽しめるほか、21日には、20日に同会場内で行われる音楽ライブイベントを、アリーナ最前列から360度カメラで撮影した映像が楽しめるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.