くらし情報『東京都・六本木で極限状態で難峰マカルーの撮影に挑んだ石川直樹の新作個展』

2014年9月17日 11:30

東京都・六本木で極限状態で難峰マカルーの撮影に挑んだ石川直樹の新作個展

東京都・六本木で極限状態で難峰マカルーの撮影に挑んだ石川直樹の新作個展
東京都・六本木のIMA galleryでは、世界第5位の標高(8,463m)を誇る「マカルー」で撮影された写真家・石川直樹の新作個展「Makalu」を開催している。開催期間は10月5日まで(不定休)、開場時間は11:00~22:00、入場無料。

同展では、これまで世界最高峰の「Qomolangma(チョモランマ)」やその隣に位置する「Lhotse(ローツェ)」、精霊の山とも称される「Manaslu(マナスル)」など、8,000mを超える高峰に焦点をあてた新作を次々と発表してきた石川の、ヒマラヤシリーズ最終章となる新作「Makalu(マカルー)」を紹介している。

2014年春、石川は世界屈指の難易度の高い山として知られるマカルーに登頂し、中判フィルムカメラを用いて極限状態での撮影に挑んだ。会場では、彼の真骨頂ともいえる美しい雪山や氷河の写真が展示されているほか、遠征で使用した地図やマカルーの峰を意識したユニークな山型のインスタレーションが、観る者を石川が目にした壮大な世界へと誘う。

また、9月24日にはトークショー「『Makalu』遠征のすべて」が開催され、未発表写真や映像を交えながら、石川がマカルー登頂に至る経緯や撮影秘話を語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.