くらし情報『東京都の"六本木"は分かるけど"十八女""十六島"って? 超弩級の難読地名たち』

2014年9月22日 11:00

東京都の"六本木"は分かるけど"十八女""十六島"って? 超弩級の難読地名たち

東京都の"六本木"は分かるけど"十八女""十六島"って? 超弩級の難読地名たち
「六本木」など都内にも多い数字のついた数字地名は、読み方も由来も比較的分かりやすいものが多いが、中には超弩級の難読地名もある。徳島県の「十八女」と島根県の「十六島」、この2つが難読数字地名の横綱格だが、その由来には平家の落武者伝説、神話の国出雲の民間伝承が深く関わっており、日本の歴史の奥深さを感じさせてくれる。

○由来が分かりやすい東京の数字地名

数字を含む地名は全国に数多い。古代より地理上の区分をするのに数字が使われ、その地を特徴づける自然物や事物の数、大きさなどが地名として定着したからだと考えられる。例えば東京には「一」から「十」まで数字のつく地名があり、その地名由来は次のように言われている。

一)一ツ橋=日本橋川と小石川の二つの川が一つに合流する地点に橋があった
二)二子玉川=二つの古墳があって二子塚と呼ばれていた。玉川は多摩川
三)三鷹=徳川御三家の鷹場があった
四)四谷=四軒の茶屋、四家(よつや)があった。後に「家」が「谷」となった
五)五反田=この地の水田が一区画五反の大きさだった
六)六本木=六本の松の木があった(異説あり)
七)七曲坂=つづら折れの坂があった。七はつづら折れを象徴する数字
八)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.