くらし情報『中村倫也、キス寸前…「今、世に出るべき作品」『人数の町』場面写真公開』

2020年6月18日 12:00

中村倫也、キス寸前…「今、世に出るべき作品」『人数の町』場面写真公開

中村倫也、キス寸前…「今、世に出るべき作品」『人数の町』場面写真公開

俳優の中村倫也が主演を務める映画『人数の町』(9月4日公開)のポスターと場面写真が18日、公開された。

同作は2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品。衣食住が保証され、セックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが決して離れることはできないという謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリーとなっている。

今回公開されたポスターは「部屋に入ったらこの町のガイドであるバイブルを熟読すること」という謎の文字列が印象的で、顔に傷を負った中村、黄色のつなぎを着た山中聡、水着姿で腕を組む立花恵理、キスをしようとする中村と石橋静河、ツノをつけた怪しいおじさん、入院着のようなものを着用しカウンターに座る面々、など意味深な画像で埋め尽くされている。同ポスターは19日より新宿武蔵野館ほか、全国の映画館での掲出を予定している。
○中村倫也 コメント

こういった角度の矢印を持った日本映画は、今まで無かったかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.