くらし情報『超大型新人・NiziUを生んだオーディション番組『Nizi Project』の“ガチさ”』

2020年7月12日 07:00

超大型新人・NiziUを生んだオーディション番組『Nizi Project』の“ガチさ”

その場限りで番組を盛り上げるためだけの演出でないことも明らかだった。

それもそのはず、『Nizi Project』は、J.Y. Park氏が描く企業ビジョン「JYP 2.0」のテーマの1つである「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION(グローバリゼーション バイ ローカリゼーション)」に基づいたもの。つまり、世界でヒットさせることを始めから見据えた企業戦略をも背負ったものだった。

今年2月、JYPはアリアナ・グランデやテイラー・スウィフト、ポスト・マローンなど人気アーティストが所属するアメリカ最大手のレーベルの1つである「リパブリック・レコーズ(Republic Records)」と戦略的協業を締結したことが報じられ、TWICEらJYP所属のアーティストのアメリカ本格進出が始まっている。こうした現実味のあるレールも敷かれた上で、次のスターを発掘・育成し、世に出すオーディションであったのだ。

●ダンス、ボーカル力に加え「人柄」も重視

今、世の中がどのようなガールズグループを求め、そこから世界ヒットを生み出せるのか。『Nizi Project』には、そんなビジネス的な観点も込められていたことがクリアに見えていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.