くらし情報『文音、父・長渕剛から受け継ぐストイックさ 改名“長渕”外しの理由も語る』

2020年7月31日 10:30

文音、父・長渕剛から受け継ぐストイックさ 改名“長渕”外しの理由も語る

文音、父・長渕剛から受け継ぐストイックさ 改名“長渕”外しの理由も語る

●コメディ初挑戦で感じた難しさと面白さ
あの『白鳥麗子でございます!』(講談社)などで知られる鈴木由美子氏による同名漫画を実写映画化した『いけいけ! バカオンナ~我が道を行け~』が7月31日より公開。原作は主人公・杉山結子と女友だちの友情を描いた自伝的作品だが、バブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱えながらもパワフルに生きている、現代アラサー女子たちのリアルを描いた物語が展開する。

その主人公で、外ではイケイケ女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張りアラサー女子・杉山結子を演じるのは、女優として活躍の場を広げている文音。自身初挑戦となった本格コメディで、世の女性たちの共感を集めそうなアラサー女子を熱演している。その文音に今回のコメディ初挑戦の感想から、2014年に父・長渕剛の長渕姓を取って改名した理由や、いずれ実現したいという父・長渕剛とのコラボレーションの夢まで、さまざまな話を聞いてみた。

――タイトルのインパクトが絶大ではありますが、こういうコメディは初挑戦ですよね?

そうですね。みなさん「パンチが効いているね!」とおっしゃいます(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.