くらし情報『横浜F・マリノス、マイクロソフト製タブレット「Surface」でクラブ強化』

2014年1月23日 13:34

横浜F・マリノス、マイクロソフト製タブレット「Surface」でクラブ強化

横浜F・マリノス、マイクロソフト製タブレット「Surface」でクラブ強化
日本マイクロソフトは23日、日本プロサッカーリーグ加盟の「横浜F・マリノス」とスポンサー契約を締結し、同クラブがマイクロソフト製タブレット「Surface」などを活用したチーム内動画共有サービスを採用したと発表した。

横浜F・マリノスは、ユース カテゴリなどの育成世代から、マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」、タブレット端末「Surface」、「Windows ストア アプリ」を使ったチーム内動画サービスの利用を開始する。

同サービスを利用することで、選手やコーチはWindows Azure上に保存した試合や練習の映像を時間や場所の制限なく、Surfaceで確認できるようになる。個人のスキルアップやチームの戦術確認を効率的になることが期待されている。

今回スポンサー契約の締結にあたり、横浜マリノス代表の嘉悦朗氏は、「この度、縁あって日本マイクロソフト株式会社様とパートナーシップ契約を締結することができました。日本マイクロソフト様のSurfaceを育成コーチが有効に活用し、クラブ強化に繋げられるようにいたします」とコメントを寄せている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.