くらし情報『マイクロソフト、横浜F・マリノスとスポンサー契約 - チームにSurface提供』

2014年1月23日 14:37

マイクロソフト、横浜F・マリノスとスポンサー契約 - チームにSurface提供

マイクロソフト、横浜F・マリノスとスポンサー契約 - チームにSurface提供
日本マイクロソフトは1月23日、Jリーグ加盟クラブである、横浜F・マリノスとスポンサー契約を締結したと発表した。

この契約により、横浜F・マリノスマイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」とマイクロソフト製タブレット「Surface」、および「Windows ストア アプリ」を活用したチーム内動画共有サービスを利用するという。

横浜F・マリノスは、ユース カテゴリなどの育成世代から同サービスの利用を開始。選手やコーチは、「Windows Azure」上に保存した試合や練習の映像を、遠征先や移動中など、いつでも「Surface」で確認することができるようになる。

同件について、横浜マリノス 代表取締役社長 嘉悦朗氏は「この度、縁あって日本マイクロソフト株式会社様とパートナーシップ契約を締結することができました。日本マイクロソフト様の Surface を育成コーチが有効に活用し、クラブ強化に繋げられるようにいたします。今回のパートナーシップ契約を皮切りに、より強固な関係を築いていけるよう取り組んで参ります。」とコメントしている。

また、日本マイクロソフト 代表執行役社長 樋口泰行氏は「この度、日本マイクロソフトは、ICTを活用した先進的なクラブ運営を目指す横浜F・マリノス様に賛同し、新たにパートナーシップを結ばせていただくことになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.