くらし情報『カズレーザー&磯村勇斗、ノーラン作品は“いい女”「いいところで突き放してくる」』

2020年9月15日 12:35

カズレーザー&磯村勇斗、ノーラン作品は“いい女”「いいところで突き放してくる」

カズレーザー&磯村勇斗、ノーラン作品は“いい女”「いいところで突き放してくる」

お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーと俳優の磯村勇斗が15日、都内で行われた映画『TENET テネット』(9月18日公開)の公開直前“逆行体験”イベントに登場。クリストファー・ノーラン監督の大ファンだという2人が、ノーラン作品の魅力を熱く語った。

本作は、「ダークナイト」シリーズ、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』などで知られるクリストファー・ノーラン監督が手掛けるタイムサスペンス大作。時間のルールから脱出し、第三次世界大戦から人類を救えというミッションを命じられた名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)が、相棒(ロバート・パティンソン)と共に奮闘する姿を描く。

磯村は、ノーラン作品の魅力について「誰もまだ見たことない世界につれていってくれる。観ている僕たちが未開拓の地に足を踏み入れるような感覚にしてくれる」と述べ、最初に衝撃を受けた作品を聞かれると、「『ダークナイト』シリーズから入って、『メメント』になって。没入感というか、一緒に世界を体験させてもらえるのがノーランの魅力なのかなと思っています」と答えた。

カズレーザーは「毎回自分のハードルをすげーあげますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.