くらし情報『愛と好意をクレクレ地獄 - なぜ「愛され女子」という受動態を目指すのか?』

2015年2月13日 18:00

愛と好意をクレクレ地獄 - なぜ「愛され女子」という受動態を目指すのか?

結局こういう恋愛ハウツーが言ってることは「タダで何でもくれる、あしなが女子さんが好き」ってことです。「自分たちにとって都合のいい女性でいてほしい」という欲求を、「こうすれば愛される女になるよ! 」という美辞麗句でダサピンクラッピングしてるだけ。

できるだけ低い対価で最大限の利益を得たい。わかるよ? そういうブラック企業やモンスタークレーマーみたいな欲望。私だって「100円でフレンチのフルコース食べれたらステキ! 」ってそりゃ思いますよ。でもそれ、男性に望まれたからってやるんですか?

身をごりごり削って出血サービスしても、貧血疲弊するだけ。でもなぜか皆さん喜んで切り身ショー。それができない人は「愛されないのは愛され要素が足りないせい」「彼氏ができないのは努力が足りないせい」と自分を過剰に責める。うん、地獄だな?

○「愛され女子」になりたい、本当の目的は?

「ごちゃごちゃうるさいわー、取りあえずニーズどおりやればいいんでしょ? 」と「具体的に手を動かすこと」の命令だけを欲しがる使えない新人みたいに思考停止する前に、自分の姿と欲望をちゃんと見つめてみることをオススメします。

「自分から動かずに相手からの愛をひたすら待機」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.