くらし情報『円安なのに輸入品が安くなるカラクリ! その秘密をKODAWARI代表取締役・田村洋祐氏に聞く!!』

2015年2月17日 13:08

円安なのに輸入品が安くなるカラクリ! その秘密をKODAWARI代表取締役・田村洋祐氏に聞く!!

田村 「CAZE」ブランドの輸入代理店として価格を下げることができた理由は、ずばり販路を限定したからです。これまでは量販店やその他のショップでも販売していたのですが、現在はAmazonや自社で運営するSHOWCASEを通して弊社から直接ユーザー様に販売しています。販路を絞ることでコストを抑え、値下げを実現することができました。

――しかし、なぜ値下げする必要があったのですか? CAZEの特にThinEdgeシリーズなんかは十分に売れている人気商品ですよね

田村 円安になってインフレ2%とか言われていますが、僕らがそのままの形で販売を続けていこうとすると、2%どころでは済みません。価格を50%くらい上げないと利益が出ないんです。しかし50%も値上げすることは現実的ではありませんよね。輸入品の原価が上がるのはこっちの都合ですから、それにお客様はなんの関係もありません。経費を削減したり、粗利益率を削って価格をキープする手も考えられますが、僕らに関してはすでにギリギリの利益率でやっていたので、それも難しかったのです。残る手段として、販路を限定することにせざるをえなかったというところも正直あります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.