くらし情報『波瑠、服を脱ぐシーンは「自分しか知らないクセが…」覚悟のクライマックス』

2020年11月13日 19:49

波瑠、服を脱ぐシーンは「自分しか知らないクセが…」覚悟のクライマックス

波瑠、服を脱ぐシーンは「自分しか知らないクセが…」覚悟のクライマックス

映画『ホテルローヤル』(11月13日公開)の初日舞台挨拶が13日に都内で行われ、波瑠、松山ケンイチ、安田顕、友近、武正晴監督が登場した。

同作は2013年に第149回直木賞を受賞し、累計発行部数85万部を超える桜木紫乃の自伝的代表作の実写化作。北海道の釧路湿原を背に建つラブホテルを舞台に、ホテルと共に大人になっていく一人娘・雅代(波瑠)の目線から、ホテルを訪れる人々や従業員、経営者家族それぞれが抱える人生の哀歓をやわらかく描く。

舞台挨拶は無観客で行われ、全国23館にライブビューイングで上映された。松山と安田がカメラ越しに観客に呼びかけたりするなど、反応が感じられない中でも盛り上げようと努める様子も。波瑠は「お客さんの前でできないという寂しさもすごくあり、何言っても滑るみたいな感じありますが、こういう機会だからこそカメラを通して、いつもより多くのお客さんに同じ時間で届けば」と期待した。

クライマックスのシーンについて聞かれた波瑠は、「あんまりあれこれ言っても、そうだなあ……」と悩みつつ、「覚悟があって。私も着衣を脱いだりするんですけども、お風呂入る時とかに服を脱ぐ感じって、絶対に自分しか知らないじゃないですか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.