くらし情報『JAL、"ひとつ先のスタンダード"を提供する「JAL SKY NEXT」発表会 - 機内ネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」、2014年7月から国内線に導入』

2014年1月30日 17:23

JAL、"ひとつ先のスタンダード"を提供する「JAL SKY NEXT」発表会 - 機内ネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」、2014年7月から国内線に導入

JAL、"ひとつ先のスタンダード"を提供する「JAL SKY NEXT」発表会 - 機内ネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」、2014年7月から国内線に導入
JALは30日、2012年7月から国際線で展開している機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を、国内線に2014年7月に導入すると発表した。国内線では初の機内Wi-Fiサービスの導入となる。米gogo社の衛星接続サービスをWAN側で利用し、30分400円の「時間制プラン」と、搭乗路線や利用機器により料金が異なる「フライトプラン」を用意する。

同社による国内線への「JAL SKY Wi-Fi」導入自体は、2013年10月に発表済みだが、サービス詳細は2014年1月下旬に公開となっていた。JAL国際線では、ビジネスクラスへのフルフラット型座席導入など、居住性・機能性を進化させた新仕様機「SKY SUITE 777」や「SKY SUITE 767」を既に導入済みだ。同社では、本革仕様のシートや、四季を感じさせるLED照明の採用など、快適性を向上させる機内インテリアや新サービスを備えた新仕様機を、「JAL SKY NEXT」として国内線でも提供する。

機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」の導入はこの施策の一環。同様のサービスは、ANAの国際線でも2012年に発表されているが、まだ実サービス開始には至っていない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.