くらし情報『水川あさみ、舞台あいさつ欠席を謝罪後「挑戦した役でした」とアピール』

2014年2月3日 11:00

水川あさみ、舞台あいさつ欠席を謝罪後「挑戦した役でした」とアピール

水川あさみ、舞台あいさつ欠席を謝罪後「挑戦した役でした」とアピール
若手ホラー作家・法条遥のデビュー小説の映画化『バイロケーション 表』の別エンディング版『バイロケーション 裏』(公開中)の舞台あいさつが2日、東京・角川シネマ新宿で開催。主演の水川あさみ安里麻里監督、『裏』の主題歌「The One」を担当したガールズグループFAKYが登壇した。

『バイロケーション』は、突如発生する"もう一人の自分"(=バイロケーション)に遭遇し、極限状態の中でバイロケに命を狙われるという衝撃のサスペンスホラー。水川あさみは、 ヒロインと、人格の異なるバイロケの2役を熱演した。共演に、映画初出演となった「Kis-My-Ft2」の千賀健永や、ジャニーズJr.高田翔。予想不可能な衝撃的結末をはじめ、結末が異なる『表』『裏』の連続公開、原作本、主題歌にも"バイロケ"が発生するなど、様々な仕掛けも話題となっている。

1月18日に行われた『バイロケーション 表』の初日舞台あいさつを欠席した水川は、最初に「あの時は、体調不良で、申し訳ありませんでした」と謝罪をした後、「今日は感動して、ちょっとうるっときました」と感激しきりであいさつ。本作で2役を演じ分けたことについて、水川は「すごく新しい役どころで、そういうチャンスをくれた製作のみなさんや監督に感謝してます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.