【あの街の歴史エピソード】「高田馬場」は、昔は“文字通り”の街だった!?

2013年6月30日 16:00
 

このコラムは、大袈裟なネタではないけれど、知っているとちょっと自慢できる「あの街の歴史エピソード」を紹介します。第一回は、新宿区の高田馬場、早稲田周辺からピックアップしました。

■「助太刀(すけだち)いたす!」の心意気と、江戸の慣習が馴染む街

高田馬場といえば、山手線の「高田馬場駅」周辺を思い出す人が多いと思いますが、これは山手線の駅名としてつけられた後のお話で、実際の高田馬場は、現在の穴八幡宮(西早稲田ニ丁目)辺りのことを指していました。今では、すっかり学生の街となった高田馬場ですが、本来は、馬と、馬術の稽古にはげむ武士たちが住む街だったのです。その名残として、穴八幡宮では毎年近くの戸山公園にて「高田馬場流鏑馬」が行われます。この行事は、新宿区指定無形民俗文化財にも指定されおり、江戸時代の装束を身に着けた射手が、馬上から矢を放つ姿は大変勇ましく、子どもから大人まで魅了するイベントとなっています。

また、穴八幡宮と同じ西早稲田にある水稲荷神社も隠れ名所の一つ。日本には古来より富士山を信仰する風習がありますが、江戸時代に入ると、実際に富士山に登頂できるのは、全ての人に許されたわけではありませんでした。そこで、江戸の町民は、登頂が叶わずとも富士塚にて富士山の方角に向かって参拝しました。水稲荷神社にある富士塚は、「高田富士」と呼ばれ、普段は封鎖されていますが夏の「高田富士祭り」のときに登頂することができます。頂上には鐘があり、鳴らし方に特徴があって難しいのですが、地元の人が側で優しく教えてくれるので、鳴らし終わったあとは大人であっても、子どものようにうれしくなるそうです。

もう一つ、水稲荷神社の参道は、赤穂浪士四十七士のひとり堀部武庸(通称:安兵衛)が助太刀に参戦した舞台でもあります。砂利が敷かれ、両サイドに大きな木が並ぶ参道は、今でも当時の戦いを思い起こさせるほどで、歴史ファンが訪れる名所となっています。
このエリアには、夏目漱石の生家、小泉八雲の住居、早稲田大学内の坪内逍遙記念館など、挙げたらキリがないほどたくさんの名所があります。しかし、この地に住む人にとってみれば、それは珍しくないこと。水稲荷神社は、地域の子どもたちの愛する遊び場であり、穴八幡宮の流鏑馬や、「一陽来福」御守り配布などの行事は、四季を感じる行事として行われているそう。歴史自慢というよりは、住む人たちの生活と歴史的背景が溶け込んだ魅力的なエリアです。

文●櫻井綾乃(エフスタイル)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.