くらし情報『時間が止まった老舗喫茶店でスイーツを! 小樽市民に愛され続けている3店』

2015年5月19日 10:08

時間が止まった老舗喫茶店でスイーツを! 小樽市民に愛され続けている3店

なお、普通より大きめなのは「おいしいものをおなかいっぱい食べてほしい」という、2代目社長の気持ちの表れなのだそう。また、姉妹品として2枚タイプ(各160円)もある。

○ソファ修理にも手を抜かない

あまとうの歴史をたどれば、キャバレーで遊んだ客がホステスを連れてやってきたという時もあれば、高校生同士での喫茶店利用が禁止されていた時代に、市内で3店のみ高校生同士での入店を許された店のひとつだった時もある。そして今日では、3世代家族がそろって来店することもあるという。

時代は変わっても慣れ親しまれてきた味は変わらないように、また、喫茶店の雰囲気が変わらないようにするには、並々ならぬ苦労があるようだ。バター不足の昨今、月に1~2tのバターを使う同店は、不足分を別の牧場にも依頼して菓子の味が変わらないように対応しているという。また、傷んだソファ生地の張り替えをするために全国各地を探しまわり、やっと同じ生地を見つけるということもあったそうだ。

最近は桜や梅風味のクリームぜんざいなど、季節限定のメニューも提供している。「変えないものと変えるもの。どちらも大切にして、お客さまに喜んでもらえる店でありたい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.