くらし情報『バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現』

2015年5月27日 20:35

バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現

加熱時は上下ヒーターをそれぞれ細かく制御し、徹底した温度管理を行う。大きく分けて、デンプンのアルファ化を促す60℃前後、パンがきつね色に色づく160℃前後、焦げ付きが始まる220℃前後の3つの温度帯になるよう設計されており、バルミューダいわく「最高の状態のトーストを実現」する。モードは「トースト」「チーズトースト」「フランスパン」「クロワッサン」を用意。それぞれ、種類に応じて最適な温度で焼き上げる。もちろん、手動で温度とタイマーを設定できる「クラシック」モードも装備。トースト以外に、グラタンやピザなども調理可能だ。

○きっかけは「土砂降りのバーベキュー」

発表会に登壇したバルミューダ 代表取締役社長の寺尾玄氏は、まずBALMUDA The Toasterが開発されるに至った経緯を紹介した。寺尾氏によれば、誕生のきっかけは社内行事のバーベキュー。土砂降りの雨にもかかわらずバーベキューは決行され、そこでたまたま食パンを炭火で焼いてみたら、おいしいトーストができあがったとのことだ。

「どうにかしてこれを再現できないか?」と考えた、寺尾氏含むバルミューダ社員は、バーベキュー翌日から実験の毎日。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.