くらし情報『バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現』

2015年5月27日 20:35

バルミューダ、まさかのトースター開発 - スチームと温度管理で焼きたてパンを再現

その過程で、「湿気」が大事な要素なのではないかという結論に達し、どうやってスチームを出すのか、どのくらいスチームを出すのか、などの研究を重ねていった。寺尾氏によれば、製品化するまでに焼いたトーストは5,000枚超。その実験の結果、誕生したのがBALMUDA The Toasterなのだ。

続いて寺尾氏は、BALMUDA The Toasterとバルミューダが手がける調理家電の今後の展開について語った。次ページではその内容と、BALMUDA The Toasterのデモの様子を紹介する。

●バルミューダの調理家電、今後は何が出てくる?
○今後はさまざまなレシピを展開していきたい

BALMUDA The Toasterのデザインについて、寺尾氏は「モダンクラシック」という言葉を使って説明した。これまでのバルミューダ製品は、カッチリとした印象で清潔感のあるデザインを採用している。はじめ、BALMUDA The Toasterにもそういったデザインを採用しようとしたのだが、どうしても合わなかった。

そこで、「おいしいモノはどんなところから出てくるだろう?」と考え、思い至ったのは石窯だった。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.