くらし情報『あなたの自己PRは大丈夫? - 『ドラゴン桜』三田紀房氏×『エンゼルバンク』海老原嗣生が現役就活生に物申す』

2015年7月6日 16:00

あなたの自己PRは大丈夫? - 『ドラゴン桜』三田紀房氏×『エンゼルバンク』海老原嗣生が現役就活生に物申す

あなたの自己PRは大丈夫? - 『ドラゴン桜』三田紀房氏×『エンゼルバンク』海老原嗣生が現役就活生に物申す
ESや面接の自己PRが上手くいかないなど、悩みを抱える就活生も多い。そんな学生のために、『ドラゴン桜』の漫画家三田紀房氏と、三田氏著書『エンゼルバンク』のモデルとなった海老原嗣生氏による「就活のススメ講義」が開催されると聞きつけ、行ってきた。

イベントは三部構成となっており、第一部では、三田氏と海老原氏による「企業分析討論」。ファシリーテーターに、光文社で『さおだけ屋はなぜつぶれないのか?』などを担当、星海社の初代編集長となった後、コルクにて三田氏のエージェントを務める柿内芳文氏を迎え、3人のトークセッション形式で行われた。

○企業が欲しいのは、"はみでてる学生"

海老原氏「企業側は、ある意味『なんかこの人周りとは違うな』という目線で学生をみている。つまり、どこかしら"はみでてる学生"から、企業は欲しがるんです。だから、自分の中の変な部分を再確認し、末端を肥大化させて、どう相手に食いつかせるかを考えるといいんじゃないかと思います」

柿内氏「"末端を肥大化"とのことですが、どのように肥大化させるのでしょうか?」

海老原氏「自分の好きなことやこだわりって、自分ではそれが普通のことだと思いがちですが、人に聞いてみると意外とそうでもないことが多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.