くらし情報『森田望智「なんてありがたい現場に」『全裸監督』現場で感じた幸せと出演後の変化』

2021年6月26日 12:30

森田望智「なんてありがたい現場に」『全裸監督』現場で感じた幸せと出演後の変化

森田望智「なんてありがたい現場に」『全裸監督』現場で感じた幸せと出演後の変化

●黒木の苦しさを感じ涙が止まらず
Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』で黒木香役を熱演し、大きな注目を集めた女優・森田望智。NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』にも出演が決定するなど、まさにノリに乗っている彼女だが、「お芝居をする上では、うまさよりも人としての豊かさが必要なんだとわかった」など、“全裸監督の前と後”では心境にたくさんの変化があったという。転機となった本作のシーズン2までを演じきった今、大胆な濡れ場への覚悟を振り返るとともに、黒木香という女性に抱く思いまでを明かした。

山田孝之が伝説のアダルトビデオ監督・村西とおるを演じ、彼の半生を虚実交えて描く同シリーズ。シーズン2では、バブルが崩壊する1990年台代を舞台に、アダルトビデオ界の頂点に立った村西の次なる冒険と転落を描き出す。

シーズン1で村西と出会い、品行方正な女子大生から、性の開拓者へと変貌を遂げた女性、黒木。シーズン2では、村西との間に少しずつ溝が生まれ始め、黒木は孤独感を深めていく。続編の制作が始動すると聞き、森田は「シーズン2は、きっと前シーズンよりも大変になると思いました。私にそれをやり遂げる力があるのかな? 大丈夫かな? と思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.