くらし情報『aiko、『先輩と彼女』で4年ぶり映画主題歌! 原作者も感涙「最高のモテ歌」』

2015年9月12日 15:00

aiko、『先輩と彼女』で4年ぶり映画主題歌! 原作者も感涙「最高のモテ歌」

と本作と相性抜群の同曲に太鼓判を押す。

aikoの大ファンという原作者の南波氏は、「主題歌のことを聞いた時点で1回泣きました。そして実際にできあがった歌を聴いて再び泣きました!」とうれしい悲鳴を上げ、「特にサビの前の『一緒にいられるならどんな関係でもかまわないよ』のところは、歌詞もaikoさんの声もとてもかわいかったです。このフレーズはすべての片想い女子の胸を熱くするのではないでしょうか!」と大絶賛。「わたしが男性だったら、この曲を好きな女の子に歌われたら、たまらないと思います! 最高のモテ歌だと思います!」と同曲の魅力を熱弁した。

主題歌発表と合わせて公開された予告編では、りかが圭吾に「好きです!」と告白するシーンから始まる。続けて、圭吾が部長を務める"現代文化調査研究部"に勧誘するため、りかに壁ドンするシーンも収録。りかが圭吾の思い人・葵に思わずビンタしてしまう場面、まっすぐに思いをぶけつけるりかとずっと好きだった葵との間で揺れ動く、圭吾の切ない表情も映され、aikoの楽曲がそれらのみずみずしいシーンを彩る。(C)「先輩と彼女」製作委員会 (C)南波あつこ/講談社

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.