くらし情報『テプコシステムズ、開発環境に端末検疫機能を導入-セキュリティを担保』

2015年9月18日 10:25

テプコシステムズ、開発環境に端末検疫機能を導入-セキュリティを担保

今回と同様の取り組みは、同社が2013年12月に利用を開始したMicrosoft Office 365へのアクセスでも利用。これは社員向けのシステムだが、利用者はまずAWS上のBIG-IP APMにアクセスし、ユーザー認証と端末検疫を受けてから、BIG-IP APM経由でOffice 365にアクセスする。同社基盤技術部 共通基盤グループの田畑佑樹氏は「Office 365の導入はBIG-IP APMの存在を前提にしていたため、当初から十分なセキュリティを確保できると確信できた」と語っている。

同社は今後、BIG-IP APMを利用した端末認証・検疫のシステムを、独立した形での外販も検討している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.