くらし情報『岡田准一、揺るぎない“変人”の矜持 山田涼介「目指します!」に見せた背中』

2021年10月20日 10:00

岡田准一、揺るぎない“変人”の矜持 山田涼介「目指します!」に見せた背中

映画は、土方の一生を見せながら当時の時代背景を僕のナレーションを通じて伝える手法なので、「男の一生は美しさを作るためのものだ」という美意識をたくさん込めたいと思って作りましたし、役柄に呼ばれているような感覚もありました。

――殺陣の構築と指導も兼任されましたが、どのように進めていったのでしょうか?

僕の中で、アクションとリアリティは別物なんです。監督から「振り付けも頼む」と言われたときに、アクションとエンタメと、本物とリアリティのパーセンテージを聞きました。以前担当した、『散り椿』という映画では、本物の要素をわりと高めに設定していて。監督から、「エンタメ要素を強めに作ってほしい」「カットで止めずに一連の流れで空気を撮りたい」と言われたので、まずはそこを意識しました。

過去の行動や培ってきたものが言葉や性格に関係するのと同じように、動きにも現れると僕は信じているので、それぞれのキャラクターを頭に入れて。あとは強さのランキングを自分なりに考えました。土方は9番目か10番目ぐらいかな、とか。芹沢の方が力は上で、地面ごと斬ってしまうような豪快さがある。近藤さんは鈴木(亮平)さんがやることも踏まえて、一発の重さが出るような動きに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.