くらし情報『住信SBIネット銀行、住宅ローン取扱額が営業開始8年1カ月で2兆5,000億円突破』

2015年10月22日 12:36

住信SBIネット銀行、住宅ローン取扱額が営業開始8年1カ月で2兆5,000億円突破

住信SBIネット銀行、住宅ローン取扱額が営業開始8年1カ月で2兆5,000億円突破
住信SBIネット銀行は21日、住宅ローン取扱額(※1)が2007年9月24日の営業開始以来8年1ヵ月で、2兆5,000億円を突破したと発表した。

(※1)住宅ローン取扱額とは、住信SBIネット銀行が販売する住宅ローン(「ミスター住宅ローン」「提携住宅ローン」)実行額、住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行の銀行代理業者として販売する住宅ローン(「ネット専用住宅ローン」)実行額、SBIマネープラザおよびアルヒが住信SBIネット銀行の銀行代理業者として販売する住宅ローン(「ミスター住宅ローンREAL」)実行額、「フラット35」各々の合計額。

○低金利と無料で加入できる保障が充実している

このたび、住宅ローン取扱額が2兆5,000億円を突破した背景について、住信SBIネット銀行は「変動、固定ともに金利が低いこと、また保障の面でも充実しており、団体信用生命保険や8疾病保障が保険料無料で加入できること、加えて、女性のお客さまには保険料無料でがん診断給付金付きに加入できることなどが要因」としている。

○ネット専用住宅ローン

住信SBIネット銀行が三井住友信託銀行の銀行代理業者として販売している「ネット専用住宅ローン

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.