くらし情報『水漏れが起きた! 「建物が原因のときはどうする?」』

2012年12月15日 13:46

水漏れが起きた! 「建物が原因のときはどうする?」

水漏れが起きた! 「建物が原因のときはどうする?」
建物は古くなるほど、あちらこちらから不具合が生じます。

なかでも、国土交通省が5年に1度実施する「平成20年度マンション総合調査結果」では、平成19年から平成20年の1年間の「建物の不具合に係るトラブル」の発生状況は、「水漏れ」が22.0%と最も多く、次いで「雨漏り」が14.4%という結果が明らかになりました。

そこで、「快適で安全な一人暮らし」をテーマに活躍する不動産アドバイザーで宅地建物取引主任者である穂積啓子氏に、「建物や設備が原因の水漏れ」に関する事例と対策法をうかがいました。

■家主が修理するが、借り主もすぐに通知する義務がある
「突然、天井から水が漏れてきた!すぐに階上の住人に伝えたのですが、『えっ?今、水は何もつかってなけど……』という返事です。何が何だか分からないのですが!」
先日、管理するマンションの入居者からこのような電話を受けたという穂積さん。

「原因は何だったのでしょうか…水漏れの被害にあった入居者はどうすればいいのでしょうか」穂積さんはこう説明します。

「階上の住人の不注意だと思ったけれど、実はそうではなかったという例はよくあります。この場合、マンションやアパートなど建物の給排水管の腐食や劣化など、設備そのものに原因があることが多いのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.