くらし情報『東京都・有楽町にて相田みつを生誕90周年企画展 - 坂村真民との交流を紹介』

2014年3月3日 16:01

東京都・有楽町にて相田みつを生誕90周年企画展 - 坂村真民との交流を紹介

東京都・有楽町にて相田みつを生誕90周年企画展 - 坂村真民との交流を紹介
相田みつを美術館は、展覧会「特別企画 相田みつを生誕90年 第1弾「念ずれば花ひらく」~坂村真民と相田みつをの世界~」を開催する。会期は3月4日~6月8日(月曜休館、ただし5月5日は開館)、開館時間は10:00~17:30(入館は17:00まで)。会場は東京都・有楽町の相田みつを美術館(東京国際フォーラム地下1階)。入館料は一般・大学生800円、中・高校生500円、小学生200円(未就学児は無料)。70歳以上500円。5月5日は小中高生の入館が無料となる。

同展は、相田みつを坂村真民の長きにわたる交流を紹介するもの。相田と坂村は詩人としての作風は異なるが、共に仏教的な思考を基底に置いていたことや、人間の生き方を鋭く問う多くの詩を残したことなど、共通する部分がある。会場では、坂村真民の直筆原稿や貴重な資料、そして多数の直筆の詩墨作品など約50点、そして相田みつをの作品を約70点を展示。坂村の作品などについて、記念館以外では初めて公開されるものばかりとなっている。

なお、同展は、2013年3月に愛媛県・坂村真民記念館で開かれた「坂村真民と相田みつをの世界」と同様の内容となる。この展覧会が好評を博したことから、今回相田みつを美術館でも開催される運びとなったということだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.