くらし情報『新型ノロウイルス、大流行の可能性 - 今年のノロとインフルの傾向と対処法』

2015年11月20日 07:00

新型ノロウイルス、大流行の可能性 - 今年のノロとインフルの傾向と対処法

新型ノロウイルス、大流行の可能性 - 今年のノロとインフルの傾向と対処法
脱水状態および「かくれ脱水」に対する正しい知識と予防方法・対処方法を発信している「教えて!『かくれ脱水』」委員会」は11月19日、都内でメディアセミナーを開催し新型ノロウイルスおよびインフルエンザの今年の傾向と対処法について説明した。

○いよいよ流行の季節

寒い時期に流行する感染症の筆頭に挙げられるのはインフルエンザだが、インフルエンザよりもノロウイルスの患者数が多いことはご存知だろうか。全国の約3000カ所の小児科を対象とした集計では、2001~2011年の平均で1つの医療機関につき年間255.52人がインフルエンザと診断されているのに対し、ノロウイルスは年間321.17人を記録している。ノロウイルスの患者数は例年11月からピークに向かい、まさにこれからが流行の季節だ。さらに、今年は「新型ノロウイルス」が大流行する可能性があるという。

全く新しいウイルスのように感じる「新型ノロウイルス」だが、分類上は昔からあったものだという。ヒトに感染するノロウイルスは30種類あり、これまではGII.4というタイプが流行していた。しかし、川崎市などが調査したところ、今まで流行したことのないGII.17が変異したものが流行しそうだということがわかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.