くらし情報『野村周平、映画『日々ロック』で"全裸"パフォーマンス「身も心も素っ裸に」』

2014年3月6日 09:00

野村周平、映画『日々ロック』で"全裸"パフォーマンス「身も心も素っ裸に」

野村周平、映画『日々ロック』で"全裸"パフォーマンス「身も心も素っ裸に」
2010年から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気コミック『日々ロック』が、入江悠監督で映画化されることが決定し、主演を若手俳優の野村周平が務めることが5日、明らかになった。

野村は、2009年のオーディションは「THE PUSH! マン~あなたの周りのイケてる子募集~」で応募総数3万1,514人の中からグランプリを受賞。2010年のドラマ『新撰組 PEACE MAKER』(MBS・TBS系)で俳優デビューを飾り、今年は『パズル』(3月8日公開)、『クジラのいた夏』(5月3日公開)などの主演作が控えている。

本作で入江が演じるのは、究極のダメ男・日々沼拓郎。いつもはさえない拓郎だが、大好きなロックを演奏している時だけは自分を解放することができ、極限までエキサイトすると思わず"全裸"になってしまう。拓郎は、友人の誘いで高校時代にバンド"ロックンロール・ブラザーズ"を結成し、ギター&ボーカルを担当。卒業後も夢を捨てきれず、ベースの草壁、ドラムの依田と共に上京するも、現実は厳しく…。やがて、拓郎は世界的に評価を得ているアーティスト・宇田川咲と出会い、運命が変わっていく。

出演が決まってから原作を読んだという野村は、「本当に面白く原作のファンになりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.