くらし情報『「新たなデジタルワークを実現する究極のビジネスツール」 - レノボ、「ThinkPad X1」ファミリ製品発表会』

2016年2月10日 18:38

「新たなデジタルワークを実現する究極のビジネスツール」 - レノボ、「ThinkPad X1」ファミリ製品発表会

「新たなデジタルワークを実現する究極のビジネスツール」 - レノボ、「ThinkPad X1」ファミリ製品発表会
●「モビリティ」と「イノベーション」がこれからの鍵に
レノボ・ジャパンは9日、同社の法人向けPC「ThinkPad」のプレミアムモデルとなる「X1」ファミリの国内販売を発表した。これに合わせて都内で製品説明会を開催し、製品の概要を紹介した。

○新しい時代のデジタルワークを実現する究極のビジネスツール

はじめにレノボ・ジャパン 代表取締役社長 留目真伸氏が登壇。「ThinkPadは、1992年に初代のThinkPad 700cが生まれてから、人々の生産性を高めてるためのツールとして進化を続けてきた」とこれまでの歴史を振り返る。また、「ThinkPadは2014年に累計出荷台数1億台を達成したが、いまも成長は加速している」と好調さをアピールする。

一方で「PCは普及しているが、コンピューターが人々の生活をサポートする時間は短く、まだまだ限定的」として、他業界の企業やスタートアップ企業、ユーザーも含む生活者、コミュニティとの「共創」で、新しい時代のデジタルワークの変革を目指す「D3プロジェクト」を推進していくという。

レノボがイメージするデジタルワークとは、コンピューターが常に人々の生活や仕事をサポートするというもので、留目氏によると重要はポイントは2つあるという。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.