くらし情報『エイプリルフールがネットで盛り上がるのはなぜ? - 企業の「ウソ」請負人に聞いてみた』

2016年4月1日 07:00

エイプリルフールがネットで盛り上がるのはなぜ? - 企業の「ウソ」請負人に聞いてみた

をついていたように記憶していますが、近年は大企業から中小まで規模を問わず、企業サイトの参加が非常に多くなってきています。いつごろから傾向が変化したのでしょうか?

我々自身は面白法人という名のもと、会社という場所も、もっと楽しく面白い場所にしていいのではないかという思いでやってきました。1998年の創業当時、仕事は本来つらいもので、面白がるなんてけしからん、と言われるケースも実際にありました。

ですが、その後IT企業が続々と起業する中、仕事を楽しもうという理念の会社が増えてきて、カヤックに限らず、そういった企業がエイプリルフールにウソをつき、それがネット上で話題になることで、少しずつ文化が浸透していったように思います。

そして最近では大手企業さんも洒落のきいたウソをつくケースも増えてきました。

――年々大がかりになってきている感のある「ウソ」の仕込みですが、御社が手がけたもので一番大変だったものは何ですか?
予算があれば大がかりなウソはつけますが、必ずしもそういうわけではありませんので、毎回知恵を振り絞るのが大変です。

受託案件としてお仕事をいただく場合はその企業にあったもの、事業に沿ったウソを考えればよいので色々アイデアの出しようはあるのですが、特に我々自社、すなわち面白法人カヤックとしてのウソを考えるのは大変で、出てくるまでに何度もブレストしますし、
毎年ぎりぎりまで行き詰まります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.