くらし情報『「ゴリラコーヒー」の"ゴリラ"って何だ!? 池袋にできた2号店に行ってきた』

2016年4月5日 06:00

「ゴリラコーヒー」の"ゴリラ"って何だ!? 池袋にできた2号店に行ってきた

一人一人を家族のように思い、プライベートな話も積極的にできればと思っています。そのため、バリスタとコミュニケーションを取りやすくなるように、エスプレッソマシンや提供台を低くし、ドリンクは目の前で作成することを心がけました」と話している。

○コーヒーはもちろん、ガツンとしたボリュームのあるフードも!

同店の目玉商品は、キャロル氏自身がコーヒー豆を直接農園から買い付けた「コーヒー」(税込300円~)やコーヒーにエスプレッソを1ショット入れた「レッドアイ」(税込420円)など。コーヒー豆も販売しており、ペルーやエルサルバドルなどのシングルオリジンに加え、池袋をイメージした「bukurodeo(ブクロデオ)」(130g/税込2,200円)や「shibuya blend(シブヤブレンド)」(130g/税込2,200円)といった、日本オリジナルブレンドも登場する。

看板商品のコーヒーは「blendmentosis(ブレンドメントシス)」。香りは甘く、酸味とコクのバランスが絶妙だ。コクが深いが後味はさっぱりとしているので、コーヒーが苦手な人も飲みやすいだろう。「ラテ」(税込360円)は、バリスタが目の前でラテアートを描いてくれるので、注文したときは目を離さないでほしい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.