くらし情報『前田敦子演じる毒島流の男分析が話題!「クロワッサンがエロく見える」の声』

2016年5月16日 16:33

前田敦子演じる毒島流の男分析が話題!「クロワッサンがエロく見える」の声

前田敦子演じる毒島流の男分析が話題!「クロワッサンがエロく見える」の声

かぶりつく、ちぎる、剥ぐ…クロワッサンの食べ方で、その人の恋愛タイプがわかる!? TBSで放送中の連続ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(毎週水曜24:10~)で、前田敦子演じる主人公・毒島ゆり子のクロワッサンによる男の分析方法が話題を呼んでいる。

男がどのように自分を愛してくれるかを、クロワッサンの食べ方で見極めるというゆり子。劇中でたびたびクロワッサンを食べるシーンが登場し、SNS上では「毒島ゆりこ観てると焼きたてのクロワッサン食べたくなる」「毒島ゆり子見てからクロワッサンが妙な色気を放つ食べ物に見えて仕方ない」「クロワッサンはいでくとかエロス!」「クロワッサンがエロい食べ物に見えてきたのはじめて」といった声が上がっている。

ゆり子が長年付き合っていた美登里(渡辺大知)は、バターやジャムなどを丁寧につけて食べ、恋愛においては繊細で優しいタイプ。そのまま端からかぶりつくスポーツジムのインストラクター・野村(八木将康)は、ストレートに気持ちを表現する猪突猛進タイプ。ゆり子と、ゆり子が恋に溺れていくライバル紙の記者・小津翔太(新井浩文)は、2人とも生地を一枚一枚剥いで食べるという独特の食べ方で、常に新しい刺激を欲するド変態タイプだという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.