くらし情報『松坂桃李&菅田将暉、初の兄弟役でW主演! GReeeeN代表曲の誕生秘話を映画化』

2016年6月3日 16:30

松坂桃李&菅田将暉、初の兄弟役でW主演! GReeeeN代表曲の誕生秘話を映画化

しかし、実際に2人に会った際に、その人柄に引かれ、「お2人から出てくるエピソードのどれもが本当に興味深くて、感動もあり、なるほどこれはきっと面白い物語になるだろうと理解しました」と感慨を口にする。

自身が演じるJINについては、「人を引きつけ、運気を上げてくれそうな"パワースポット"のよう」と表現。劇中で昔のバンド時代も描かれることから、「僕にも歌うシーンがあります」と打ち明け、「役としてしっかり歌うのは初めてで苦戦していますが、JINさんからも『楽しんでやってください』と言っていただいて、心強く思っています」と喜びを語っている。

一方、菅田はGReeeeNを「素顔を公表していないので、その実態は知られていないけど、曲は誰しも知っている」と称賛。そんなグループのメンバーを演じるのは、「今生きている実在の人物を演じる上でも、僕にとって異色の経験」と身構える。

それでも、彼らの学生時代や結成当時の姿を「世の中に伝える役目を担えるというワクワク感があります」とアピール。歯科医とアーティストを両立させることの難しさを想像しながら、「なぜ、どうやってその形になっていったのか、そこにはどんな家族や仲間がいて、どんな"キセキ"があって今こうなっているのかという経緯がすごく面白かったので、それを映画で表現するのが楽しみです」と意気込みを表した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.