くらし情報『女性がマスクをとった時がっかりした経験のある男性は40.5%』

2014年3月25日 16:41

女性がマスクをとった時がっかりした経験のある男性は40.5%

女性がマスクをとった時がっかりした経験のある男性は40.5%
カネボウ化粧品のメイクアップブランド「KATE(ケイト)」では、マスクをして仕事にしたことがある20~34歳の営業職のOL300名と、20~30代ビジネスマン200名を対象に実施した「マスク女子をテーマにした意識・実態調査」の結果を発表した。調査期間は2月21日~24日。

春にマスクをつける頻度について尋ねたところ、34.0%が「ほぼ毎日」と回答。「週に3~4日程度」(25.3%)、「週に1~2日程度」(16.0%)と続き、「週1以上」と答えた割合は7割以上という結果に。

マスクをする理由については、「風邪・インフルエンザの予防」(67.0%)や「花粉症対策」(46.7%)、「喉や鼻の湿度を保つ」(30.7%)、「寒さ対策」(28.7%)、「すっぴんの顔をごまかす」(27.0%)などが挙がった。

マスクを着けている時に困ることについては、92.7%が「化粧が取れてしまう」と回答(「まあそう思う」を含む)、「マスクにファンデーションやチーク・口紅がつく」(88.0%)、「ファンデーション・チークなどがよれる・ムラができる」(87.3%)といった、化粧に関する悩みが上位を占めた。

マスクを外した顔を見られたくない相手として最も多かったのが「男性の同僚」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.