くらし情報『上杉隆氏『週刊リテラシー』降板騒動、淳がコメント - MXは番組冒頭で見解』

2016年8月13日 21:02

上杉隆氏『週刊リテラシー』降板騒動、淳がコメント - MXは番組冒頭で見解

と明るく詫びて笑いを誘っていた。

上杉氏は先月12日、都知事への出馬を表明。同31日に選挙は終了したものの、上杉氏のブログによると今月5日に契約終了通知書が届いたという。12日付けのブログでは、「17年間のジャーナリスト人生で最も思い入れのあるテレビ番組『淳と隆の週刊リテラシー』のプロデューサーから、突如、契約途中での降板を言い渡されたのは東京都知事選の真っただ中でした」と振り返り、「局側からの一方的な通告で、私自身もいまだ事情を理解できない」「今回の番組降板の経緯に関しては、既に法的な対応が不可避な段階に達しており、すべての交渉を代理人弁護士に委ねていますので、今の段階で言及することは避けます」などとつづられている。

■番組冒頭のコメント全文

「週刊リテラシー」の出演者でありました上杉隆氏の番組降板につきまして、視聴者の皆様へご報告させていただきます。上杉氏には、本番組のメインMCを約2年間勤めていただきましたが、先般、上杉氏より、東京都知事選挙に立候補する旨の報告があったため、当社は、本番組から上杉氏に降板いただくという判断をいたしました。法律上、政治的公平性が要求される放送局として、公職へ立候補された上杉氏を本番組のメインMCとして起用し続けることは、放送基準等に照らして困難と判断し、やむなく降板という判断に至ったものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.