くらし情報『天津・木村、エロ詩吟の過激化でTVから消える - 落ちぶれた現在の生活を告白』

2016年8月19日 06:00

天津・木村、エロ詩吟の過激化でTVから消える - 落ちぶれた現在の生活を告白

天津・木村、エロ詩吟の過激化でTVから消える - 落ちぶれた現在の生活を告白

お笑いコンビ・天津の木村卓寛が、29日(19:00~21:48)に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(レギュラーは毎週月曜20:00~20:54)の3時間スペシャルに出演し、"エロ詩吟"で安易に下ネタに手を出したことでのしくじり体験を告白する。

木村は、日本の伝統芸能である詩吟と下ネタを融合させた"エロ詩吟"で、2008年に一躍ブレイク。決めゼリフ「あると思います!」は流行語にもなったが、詩吟界から「侮辱する行為」としてひんしゅくを買ってしまった上、過激なネタに走りすぎて、女性やファミリー層から嫌われ、テレビから姿を消すことになってしまったと明かす。

そんな木村が、「安易に下ネタに手を出して将来真っ暗になっちゃった先生」として、「安易に下ネタに手を出して周りからひんしゅくを買わないための授業」と展開。どんなきっかけでエロ詩吟に手を出し、過激さがエスカレートしていったのかを振り返る。

さらに、落ちぶれた現在の生活と、家族にかけてしまった迷惑も告白。家族を養うため、今年5月から新たに就いた職業を紹介し、最後にはしくじり体験から気づいた人生の教訓と、番組オファーを受けた際に誓ったという決意を熱弁する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.