くらし情報『2014年3月の携帯電話契約数、ソフトバンクが65万件の純増を獲得して首位に』

2014年4月7日 17:02

2014年3月の携帯電話契約数、ソフトバンクが65万件の純増を獲得して首位に

2014年3月の携帯電話契約数、ソフトバンクが65万件の純増を獲得して首位に
電気通信事業者協会(TCA)は4月7日、2014年3月末日時点での携帯電話・PHSの契約数をとりまとめて発表した。新規契約から解約を差し引いた純増数では、ソフトバンクモバイルが2か月ぶりの首位。2位はNTTドコモ、3位はKDDI(au)という結果になった。

1年を通じて最も新規契約者数が増える3月。2014年の春商戦期を制したのは、64万9,500増の純増数を獲得したソフトバンクモバイルだった。同社の累計契約数は3,592万4,800契約。アップルの「iPhone 5s」や、2月末に発売を開始したシャープの「AQUOS PHONE Xx
mini 303SH」などの販売が好調だった。番号ポータビリティ(MNP)では4万6,600件の転入超過となっている。

2位のNTTドコモは51万5,500増で、累計契約数は6,310万5,200契約となった。同社は「ドコモの学割2014」など、学生向けの販売施策を展開した。MNPでは、9万3,800件の転出超過となっている。3位のKDDI(au)は49万4,600増で、累計契約数は4,052万2,000契約。同社は1月から学割をはじめとする各種キャンペーンを展開した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.