くらし情報『大貫妙子、ソロデビュー40周年 - 初のシンフォニックコンサートで見せる新境地』

2016年11月26日 21:00

大貫妙子、ソロデビュー40周年 - 初のシンフォニックコンサートで見せる新境地

何より、音楽自体がパラレルワールドなんです。過去も未来も空間も飛び超えていくものですから

●メンバーもやる気満々だし、これはいまを逃しちゃまずいぞ、と

――12月22日にはソロデビュー40周年記念プロジェクト第2弾として東京芸術劇場でコンサートが開催されます。大貫さんはポップス系アーティストとして初めてサントリーホールでコンサートを開いていますし、これが初のシンフォニックコンサートとは意外でした。

アルバムでは何度もフルオーケストラで歌っていますし、今回アレンジと指揮をしてくださる千住明さんの個展コンサートでも歌わせてもらっていますしね。フルオーケストラで歌うのは気持ちよくて大好きなんですけど、コンサート全部自分の曲、という機会はなかったんです。でもこの年齢で、いまできるのはよかったな、と。以前より声も全然出るようになったし。何より、坂本龍一さんのピアノのみで歌った2010年の"UTAUツアー"が大きかった。大変でしたけど自信になりましたね

――今回のコンサートはその坂本さんにアレンジを依頼する選択肢もあったのでは?

全20曲弱のオーケストラアレンジと指揮は、そうとうな体力の消耗もありますし、この話が決まった時、坂本さんは静養中でしたので。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.